Home

映画 バウンティ フル へ の 旅

バウンティフルへの旅(1985)の映画情報。評価レビュー 16件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:ジェラルディン・ペイジ 他。 テキサスで息子夫婦と暮らす老女キャリー。気の強い嫁との口論に耐えかね、彼女は故郷バウンティフルを一目見たいと旅に出る。. The Trip to Bountiful /バウンティフルへの旅(1986) Import DVD Geraldine Page (出演), John Heard (出演), Peter Masterson (監督) 映画 バウンティ フル へ の 旅 & 0 その他 形式: DVD 5つ星のうち4. Wattは死ぬ前に、も一度わが故郷を見たい一心で、バウンティフルにバスで向かうけれど、追いかける息子夫婦に引き戻されてしまう。ここでエンディングな. 「バウンティフル駅はありません」と。 そんな馬鹿なとばかりに、バウンティフルへ向かう鉄道路線のことを問うてみると、駅員は、「あれなら廃線になりましたよ」と答える。 バウンティフル駅は既に無くなり、そこへ向かう鉄道路線も既に無し。. 息子夫婦と暮らす老女が自分の育った故郷バウンティフルを目ざして旅に出る姿を描く。製作はスターリング・ヴァン・ワーナゲン、ホートン・フート、エグゼクティヴ・プロデューサーはサム・グロッグ、ジョージ・ヤネッフ、監督はピーター・マスターソン、原作・脚本はホートン・フート. チェアで休んでいる時、故郷バウンティフルの. 1件のブックマークがあります。 エントリーの編集は 全ユーザーに共通 の機能です。 必ずガイドラインを一読の上ご利用.

バウンティフルへの旅のフォトギャラリー。上映スケジュール、映画レビュー、予告編動画。息子夫婦と暮らす老女が自分の育った故郷. バウンティフルへの旅/The Trip To Bountiful 映画 バウンティ フル へ の 旅 監督:ピーター・マスターソン Peter Masterson 1985年 アメリカ. 映画「バウンティフルへの旅」が放送されていたので、ちょっと観てました。 原作、脚本は、ホートン・フート。 この作品好きだなぁ・・。 劇団にいるとき、この「バウンティフルへの旅」を舞台上演しました。 もともと戯曲の方が先だったみたい・・。. 『バウンティフルへの旅』(バウンティフルへのたび、The Trip to Bountiful)は、1985年のアメリカ合衆国のドラマ映画。 監督は ピーター・マスターソン (英語版) 、出演はジェラルディン・ペイジとレベッカ・デモーネイなど。.

バウンティフルへの旅という映画のエンディングを教えて下さい。老婆が故郷へ旅に出るお話です。深夜放送で見ていましたが、最後10分で寝てしまって. インポートしかdvdがないので、この映画の為にldプレーヤーを購入。 ldの画像の荒さが映画の雰囲気を更に出してくれて、心から購入して良かったと思ったのと、映画の素敵さにも感動! ワッツばあちゃんが故郷バウンティフルへ旅するロードムービー。. 『バウンティフルへの旅』(バウンティフルへのたび、The Trip to Bountiful)は、1985年のアメリカ合衆国のドラマ映画。 監督はピーター・マスターソン、出演はジェラルディン・ペイジとレベッカ・デモーネイなど。. バウンティフルへの旅の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。息子夫婦と暮らす老女が自分の育った故郷バウンティフルを. 1985年公開のアメリカ、日本ヘラルド配給映画。.

この映画をファンタジーと思う人もいるみたいだけど、ちゃんと観れば、居場所の無いおばあさんの、かわいそうな映画です。 主人公Mrs. しかし“バウンティフル”の家が見たいという「キャリー」の強い想いにうたれて、 「シェリフ」は 少しぐらいなら、とバウンティフル行きを承諾し 連れて行く しかし、20年前のその地は もはやなく、今は住む人もいない荒地と化して・・・・・. 劇団民藝年12月公演『バウンティフルへの旅』の公演詳細。作=ホートン・フート、訳・演出=丹野郁弓、年12月6日(土)~20日(土) 三越劇場|劇団民藝公式サイト. 「バウンティフルへの旅」のクチコミ(レビュー)「レベッカ・デ・モーネイとの出会い。」。映画のクチコミやレビュー. 1967年と1969年にエミー賞主演女優賞 (ミニシリーズ・テレビ映画部門)を、1985年の『バウンティフルへの旅』で8回目のノミネートで悲願のアカデミー主演女優賞を受賞した。 主な出演作品. 映画パンフレット バウンティフルへの旅 ジェラルディン・ペイジ、ジョン・ハード、レベッカ・デ・モーネイ. 『バウンティフルへの旅』© 1985 BOUNTIFUL FILMS 映画 バウンティ フル へ の 旅 PARTNERS 『山猫は眠らない7 狙撃手の血統』© Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc.

バウンティフルへの旅 バウンティフルへの旅の概要 ナビゲーションに移動検索に移動バウンティフルへの旅The Trip to Bountiful監督ピーター・マスターソン脚本ホートン・フート原作ホートン・フート製作スターリング・ヴァン・ワーゲネンホート. 『バウンティフルへの旅』(バウンティフルへのたび、The Trip to Bountiful)は、1985年のアメリカ合衆国のドラマ映画。 監督はピーター・マスターソン、出演はジェラルディン・ペイジとレベッカ・デモーネイなど。. 。 息子の嫁が、最後に老婆に言った言葉を教えて下さい。お願いします。 その映画、持ってますが、しばらく見てないのではっきり覚え. バウンティフルへの旅について。どのような内容の映画なのか詳しく教えてください。 息子夫婦と暮らす老女が故郷に向けて一人で旅立つ話です。息子は低収入で母親の年金を目当てにしています。気の強い嫁にはいびられたりします。老女の心には故郷バウンティフル(豊穣の意味)を一目. 『バウンティフルへの旅』は1985年の映画。『バウンティフルへの旅』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォト. バウンティフルへの旅 映画賞受賞・ノミネート 映画祭・賞部門候補結果アカデミー賞主演女優賞ジェラルディン・ペイジ受賞脚色賞ホートン・フートノミネートボストン映画批評家協会賞主演女優賞ジェラルディン・ペイジ受賞ゴールデングロー. テキサスで息子夫婦と暮らす老女キャリー。気の強い嫁との口論に耐えかね、彼女は故郷バウンティフルを一目見たいと旅.

「バウンティフルへの旅」の解説、あらすじ、評点、3件の映画レビュー、予告編動画をチェック!あなたの鑑賞記録も登録できます。 - 息子夫婦と暮らす老女が自分の育った故郷バウンティフルを目ざして旅に出る姿を描く。製作はスターリング・ヴァン・ワーナゲン、ホートン・フート. ピーター・マスターソン監督、1985年アメリカ映画。 ジェラルディン・べイジ主演。 息子夫婦と暮らし肩身の狭い思いをしているジェラルディン、家出をして故郷バ ウンティフルを目指す旅に出る。 二十年戻らないってのは流石に長いですね。. デジタル大辞泉プラス - バウンティフルへの旅の用語解説 - 1985年製作のアメリカ映画。原題《The Trip to Bountiful》。監督:ピーター・マスターソン、出演:ジェラルディン・ペイジ、ジョン・ハード、レベッカ・デモーネイほか。.

8 216個の評価. バウンティフルへの旅 の解説・あらすじ、映画レビューやストーリー、予告編をチェック! 上映時間やフォトギャラリー.