Home

映画 パターソン ネタバレ

映画の紹介から、ネタバレあらすじ、著者の独断と偏見による「語りポイント」まで。分で映画『狼の血族』を語れるようになるネタバレあらすじ. パターソンが目覚めて、腕時計を見るところから映画は始まります。目覚まし時計ではなく、腕時計というのがミソ。 毎日の規則正しい生活から養われた体内時計に間違いはないのでしょう。 毎朝同じシリアルを食べ、歩いて職場に向かい、バスの運転席でノートに詩を書き、一人で昼食を取りまた詩を書き、仕事を終えると再び歩いて家に戻り、夕食後、犬を散歩させ、最後にバーに寄りほんの少しだけ飲んで帰宅する。 パターソン市に住むバス運転手パターソンの生活は実に規則正しく営まれています。 それは代わり映えのしない毎日に見えますが、決して同じ毎日はないと言うかのように、ジャームッシュは、細かに彼らの生活を描写します。 例えば、朝、ベッドで眠っているパターソンとローラの姿勢。バスの中の客の会話、犬の散歩中に出逢う人々、バーの喧騒など。どの日も一日として同じではありません。 そして、カメラも、同じ場所を違ったふうに捉えることによって、豊かな毎日の息吹を伝えてくれます。 歩いているパターソンの影だけをおさめる場面など、何気ないけれどとても美しいシーンとなっています。 また、動くバスの車体、バスからの車窓を豊富なバリエーションで描き、パターソンの街、市民生活の風景を鮮やかに切り取ってみせます。 パターソンという街はニュージャージー州の古い産業都市で、主人公が敬愛している詩人、ウィリアム・カーロス・ウィリアムズが生まれて過ごした街です。 ウィリアムズは、生涯、開業医として働きながら詩を書いたと言います。その点、少し、主人公の生活と重なるように思われます。 映画の中で、ローラが彼の名前を覚えられず、カーロス・ウィリアム・カーロスと2度も間違っているのが実に愉快です。 ビート・ジェネレーションの立役者の一人、アレン・キンズバーグもパターソン出身で、終盤、永瀬正敏扮する「日本の詩人」がそのことに触れています。 バーの壁に貼られているのはソウル・デュオ「サム&デイヴ」のブロマイド。デイヴことデイビッド・プレイタがパターソン出身だそうです。 コメディアンの「アボット&コステロ」のルー・コステロもこの街の出身で、パターソンが運転するバスがコステロの銅像の側を通っていく場面があります。 そ. 映画「パターソン 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。パターソン のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。この映画のカテゴリーは ヒューマンドラマ です。.

パターソンの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。ジム・ジャームッシュが「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ. 映画『パターソン』評判・感想【ネタバレなし】 バス運転手であり詩人でもある男・パターソンのとある一週間を切り取ったお話。 なにか事件や出来事が起こるわけでもなく、淡々とした日常を描いています。. ジム・ジャームッシュ監督の「ミステリー・トレイン」に続いてこの映画にもなんと日本から永瀬正敏が出ています。「ミステリー・トレイン」もかなりオススメの映画で、ジム・ジャームッシュ監督の映画が好きになったらぜひ見てみてください。 さて、この映画での永瀬正敏は正直あまり雰囲気に合ってませんでしたね。監督によほど気に入られてるのか、友情出演といったほうがいいかもしれません。 永瀬正敏はなんでそんなところに日本人旅行者がいるんだよって感じに突然登場してはアダム・ドライバーとコントみたいなやり取りを交わします。あれはあれで笑えたし、ちょっといい話だったけれど、あまり必然性はなかったですね。. 映画「パターソン」の感想です。 単調に見える一週間の中にちりばめられた双子、滝、a~ha! レインコートを着てシャワーを浴びるようなものだ・・・ジム・ジャームッシュ作品はほとんどハズレが無い。特に初期の頃には白黒作品でオフビートな雰囲気が心打つというより心に残るものが多かった。どちらかと言うと、コメディアンが出演している方が好きなのですが、大きな展開も. “ゲヘナ”とは、呪われた場所。罪人の永遠の滅びの場所であり、キリスト教では“地獄”を指す場所とされています。 1670年、サイパン島。当時島を支配していたスペイン人の男が、先住民のチャモロ族の男達に捕えられ、儀式と共に顔の皮を剥がれ、そして洞窟に閉じ込められようとしています。 現代。海の中で姿の見えなくなった我が子ジャックを探す、ポリーナ(エバ・スワン)の姿が映し出されます。 一方でリゾートホテルの建設予定地視察の為に、サイパン島に到着した土地開発会社社員のポリーナは上司モーガン(ランス・ヘンリクセン)と電話で話していました。 ホテルのボーイから現地の伝統的な願掛け人形、“ボージョボー人形”を渡されたポリーナは同僚のタイラー(ジャスティン・ゴードン)、カメラマンのデイブと合流します。 土地の売り主のアラン(サイモン・フィリップス)とそのアシスタントの現地人ペペを含めた5人は、建設予定地の視察に向かいます。 しかしその土地は、元々先住民チャモロ族の聖地。 第二次大戦時に日本軍に取り上げられた後、手つかずとなったこの場所を開発する動きに、現地の人々は反対運動を起こしていました。 土地の調査を始めた5人は、そこに誰かが入り込んでいる事に気付きます。そこには祈りを捧げる老人がいました。 ペペが追い払おうとしますが、老人は「先祖の警告には耳を傾けるのだ」と警告します。 老人が祈りを捧げている先は洞窟で、それを日本軍が地下壕に作り替えていました。 把握していなかった地下壕を発見したポリーナは、上司モーガンへの報告のため、5人でその中に入り調査することにします。 暗い地下壕の中には、ミイラ化した遺体が1体ありました。 この場所は米軍が捜索しなかったので、日本兵のものだろうとアランは説明します。 更に先に同じくミイラ化した遺体が2つあり、傍らには日本軍の拳銃が落ちていました。 しかし遺体の1つは女性、日本兵に見えない事を一同は疑問に感じます。 壕内の一室から物音がします。向かうとそこには痩せ衰えた不気味な老人(ダグ・ジョーンズ)の姿がありました。 老人はいきなりアランに掴み掛かり、「アラン。お前が、最初に死ね」と告げます。 パニックになったアランは老人を壁に叩きつけます。老人はポリーナに「お前のせいだ」と語. 映画「パターソン」ネタバレなし感想解説 真に美しいのは、ありふれた日常 | Machinakaの映画夢日記 ホーム ピグ アメブロ 芸能人ブログ 人気ブログ. 内容も製作背景も実に興味深いホラー映画『ゲヘナ』を紹介させて頂きました。 ストーリーは無論、片桐監督の専門であるクリーチャーの描写、また暗闇を利用した恐怖演出も一級品で、娯楽としても完成度の高いホラー映画として楽しめる作品です。 またサイパン島を舞台に現地でロケーション撮影を行った作品としてもご注目下さい。 劇中では恐ろしいアイテムとして使われた“ボージョボー人形”ですが、実際はサイパンの土産物として有名で、特に恋愛運を上げたい方に人気のアイテムになっています。 ところで本作のランス・ヘンリクセン、明らかに別撮りでの出演、ですよね。.

See full list on cinemarche. 1か月後。リュシーはセント・メアリー養護施設で育てられていました。 心身ともに深い傷を負ったリュシーは、夜毎悪夢に悩まされ、人に心を許すことができません。 そんなリュシーに話しかけてきたのは、同い年の少女・アンナでした。最初リュシーはアンナの問いかけにも全く応じませんが、アンナはリュシーにチョコチップクッキーを置いて立ち去ります。 根気よくアンナが話しかけると、やがてリュシーはアンナに心を開き始めました。一緒にクッキーを齧りながら、一緒に喋るようになります。 リュシーは「モンスター」の夢を見て、モンスターに悩まされていました。刑事は、リュシーが「モンスターはまだ外にいる」と言っていると聞きます。 実際、リュシーにはモンスターの姿が見えていました。電気がチカチカし始めるとモンスターが現れるのです。それは鬼女の顔をしたような顔で、リュシーを襲って傷つけました。 リュシーを支え続けたのはアンナです。何が起こってもアンナはリュシーの傍に居続け、リュシーは心の平安を得ました。. 食料を盗み、罰せられた。 ☆1945年・フランス・リュサックの女性. パターソンは詩が好きで仕事の合間を見つけてはノートに自作の詩を書き留めるのを習慣としていた。彼はバスの運転手として毎日同じルーティングワークをこなし、夜になると犬の散歩がてらバーに寄っては一杯飲んで帰ってくるという日々を過ごしていた。 妻のローラはパターソンの才能に惚れ込み、詩を発表するように促すも、パターソンはそれほど乗り気ではなく、週末に時間ができたら、溜め込んだ詩のコピーを取ることをしぶしぶ約束する。 やがてローラは白黒模様に傾倒するようになり、取り付かれたように家中を白黒にデコレーションしてしまう。 また、あるときはカントリーミュージシャンになるといってギターを始めたり、料理が下手なのにカップケーキのビジネスを始めるといって、ケーキを大量に作りだしてパターソンを困惑させる。 ところがカップケーキを売りに行くと、1日で200ドル以上も売ることができ、二人は大喜びして久々に映画デートに行くことに。 楽しい時間を過ごして二人が家に帰ってくると、あろうことか犬がパターソンのノートを粉々に食いちぎっていたのだった。 大切な詩を失くしたパターソンは悲しみに暮れながら、翌日一人思い出の公園に散歩に行くことにする。するとそこで思わぬ出会いが待ち受けているのだった。. See full list on hm-hm.

映画「パターソン」を鑑賞しました。 まず混乱しやすいので最初に整理しておくと、物語の舞台となるのはニュージャージー州のパターソンという街で、主人公の名前もパターソンと言います。 ちょっとややこしいですが、この映画でややこしいのはそれくらいで、あとは至ってシンプルな作り。 物語の時間経過も「始まり」が月曜日の朝で、「終わり」が翌週の月曜日の朝です。 つまりたった一週間の出来事を約2時間に渡って丁寧に描いているんですね。 世の中の大半の映画は、主人公が何かトラブルに巻き込まれるか、何かを成し遂げようとチャレンジする姿を描写するもの。 そしてラストが成功で終わるのか失敗で終わるのか、そこまでをいかに盛り上げるかに製作者は知恵を絞っている気がします。(もちろん大半の映画は成功=ハッピーエンドで終わるわけですが) でもこの映画にはそうした目立った起伏はありません。 はっきりとした起承転結がなく、ただただバス運転手とその妻の日常生活が描かれるだけ。 それのどこが面白いの?と思うかもしれませんが、不思議と引き込まれます。 主人公のパターソンは詩を書くのが趣味ですが、あくまでそれは紙のノートに手書きするのみ。 ブログやSNSに上げて、他人の目に晒すことはありません(パターソンはそもそもスマホを持っていませんし)。 だからプロになろうと努力して、だけど挫折して. ずっとリュシーの親友ではあるものの、実のところはリュシ. 『ヤング・アダルト・ニューヨーク』(年 ノア・バームバック監督)でアダム・ドライバーが演じたのは、若くて才能のあるヒップなニューヨーカーでした。 そういえば、アマンダ・セイフライドが演じた彼の妻もお菓子作りが上手な女性でした。商業化にも熱心でした。 あの夫婦に比べて、今回のアダム・ドライバー扮するパターソンと、ゴルシフテ・ファラハニ扮する妻、ローラは、なんと欲や野心のないことでしょう。 ローラはカントリー歌手になりたかったり、カップケーキのお店を出したりという夢はあるようですし、夫の詩をもっと人の目に触れるようにしたいと思っていますが、日々のインテリアへのペインティングやデザイン、カーテンの制作などに絶えず熱中しており、商業化へのプロセスにあてる時間がなさそうです。 詩を書くこと、デザイン、ペインティングに熱中することを、彼らは自己表現や自己実現とは考えていないようです。 彼らはそうしないではいられない人たちなのです。毎日、生活の中で言葉を紡ぎ出し、詩を書くこと、インテリアに独自のデザインを施し、あらゆるものにペインティングを施すこと(カップケーキもその一貫。デザインも統一されています)。.

See full list on tadamonkugaiitakute. パターソンはノートが粉々にされたショックから立ち直れない。一人で散歩に出る。エヴェレットに出くわして金曜の晩の騒ぎについて謝罪される。ベンチに座って滝を見ていると、一人の日本人の男が同じベンチに座る。男はパターソンが好きなウィリアム・C・ウィリアムズの長篇詩『パターソン』をカバンから取り出す。男はパターソンにニュージャージー州パターソンの住人であるか問う。さらに詩人であるか問うが、詩人ではない、ただのバス運転手だとパターソンは答えてしまう。男は大阪からウィリアム・C・ウィリアムズの町、パターソンを見に来た詩人だった。二人は詩について語り合う。詩人は空白のノートをパターソンにプレゼントして去っていった。 また月曜日、パターソンはいつものようにローラより先に起きるのだった。 以上、映画パターソンのあらすじと結末でした。. . See full list on forties-life. しかしパターソンの詩は趣味から生きる理由へと生まれ変わる akira/. 『パターソン』にて描かれるのは、町と同じ名前を持つパターソンという男の一週間の物語である。 そう、言うなれば.

民謡の「一週間の歌」を映画化した様な作品である。 普通の男が、普通の生活をしているだけである。. 10年後。 20歳にあったリュシーはずっと「モンスター」を探し続けており、ある日ようやくモンスターの手がかりを得ました。モンスターの一味の男を発見したのです。 郊外の一軒家にモンスターは住んでいました。父・パターソンがモンスターなのですが、パターソンには妻と2人の子がいます。子は17歳になる息子・ブライアンとその妹・ニコールでした。 パターソンは家の庭にショベルカーで穴を掘っていました。 10年もの間モンスターの顔を忘れずにいたリュシーは、ある日フードをかぶってパターソン家を訪問します。 そして朝ご飯の最中だった一家4人をライフル銃で殺しました。リュシーは復讐を果たすと、アンナに電話をし、呼び寄せます。 同じく20歳に成長したアンナは、現在でもリュシーの無二の親友です。 ところが. 。. 「コーヒー&シガレッツ」、「ブロークン・フラワーズ」、「ダウン・バイ・ロー」などでお馴染みのジム・ジャームッシュ監督による緩くて、味わい深い、大人のミニシアター系映画。 独特の間と空気とテンポを楽しむ作品で、一つ一つの会話が面白く、特に何も起こらないのにずっと見ていてられる、芸術的なストーリーテリングです。 好き嫌いが分かれるタイプの作品ですが、一度はまるとジム・ジャームッシュ監督の過去作品を全部見たくなるはずです。ある人にとっては入り口がこの作品になるかもしれません。たとえそうだとしても十分に納得できます。 アダム・ドライバー扮する主人公パターソン(町の名前と同じ)と、ゴルシフテ・ファラハニ扮するローラのカップルが可愛すぎて、二人を見ているだけでも幸せな気持ちになりました。 女性だったらパターソンの穏やかな性格と寡黙でミステリアスな姿に惚れるでしょう。男性だったらローラの天然っぽさと、可愛らしい喋り方にやられるはずです。 二人はお互いに絶妙な距離を取りつつ、至って平和な共同生活をしていて、必要以上にベタベタするわけでなく、かといって冷たいわけでもない、自然な大人の男女の関係がそこにありました。 ローラはいつも思いつきで突拍子もない野望を抱きます。ときにそれは非現実的で夢物語のようです。 反対にパターソンは欲がなく現実主義で、平凡な生活を好むようなところがあります。二人はつまり正反対の性格をしているのに上手い具合にマッチにしているのが微笑ましかったですね。 ストーリー上では語られることはなかったんですが、ローラの英語はたどたどしく外国人女性であることが分かります。あの話し方がまた可愛くて彼女の魅力でもあり、典型的なアメリカ人女性とは一味違うキャラクターがかなり笑えました。 ローラ役の女優ゴルシフテ・ファラハニはイラン出身のアラブ系の女性で、実際映画の舞台であるニュージャージー州のパターソンにはアラブ系の移民が多いようです。そういう細かくて、斬新な設定もいいです。 二人以外でもコインランドリーでラップを練習するラッパー、まだ若いのに詩が大好きな少女、元彼女に未練タラタラの男など、脇役たちが渋すぎます。何がいいって誰も格好付けてないんですよ。 それぞれが自分の好きなことと自分の世界を持っていて、人口15万人にも満たない小さな田舎町で、日々色んなことを考えながら、自. パターソンはローラに向けた詩を書いて、ローラはカップケーキで稼いでくる。 そして映画を観に行って帰宅すると犬のマーヴィンにパターソンのノートが破られていた。 ローラはショックを受けてハグして翌日も朝早く起きてパターソンは考え事。. Photo by MARY CYBULSKI (C) Inkjet Inc. Transfer,では全く需要のない私個人の映画 / 音楽 / 漫画 /など主にカルチャーに関する情報とワーキングホリデーでの生活情報を発信するダメ人間のブログです。.

映画『パターソン』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。原題:Paterson 製作国:アメリカ(年) 日本公開日:年8月26日 監督:ジム・ジャームッシュ. ドイツ人と寝たフランス女性。両国は敵対していたため罰せられた。 ☆1960年・イギリス・バーミンガムの女性. 《ネタバレ》 映画 パターソン ネタバレ 彼はパターソン。バスの運転手。詩人。 普段見ないタイプの映画なのですが、アダム・ドライバーが出演していて、評判もなかなか良いので視聴。 毎日を規則的に過ごす彼の一週間を切り取った作品で特にこれと言った大きな事は起こらない。. See full 映画 パターソン ネタバレ list on eiga-watch. エレノアがアンナに詳細を明らかにしたのは「リュシーを返してくれたお礼として」であって、エレノアはアンナを生きて帰すつもりはありません。アンナは気絶させられました。 目覚めたアンナは、自分がパターソン家の庭の穴に他の遺体とともに捨てられており、生き埋めにされそうなのを知ります。ショベルカーで土をかけられる直前、土中にある土管を見つけたアンナはそこへ逃げ込みました。 そのまま土管を這って脱出したアンナは、邸内に戻って張り込みをし、煙草を吸いに出た警備員の1人をシャベルで殴って殺してナイフを手に入れると、次に出てきた警備員にナイフで脇腹を刺します。 邸内に侵入したアンナは、1階リビングのソファの下に落ちていた、リュシーが持ってきたライフル(落ちているのは事前に知っていた)で殺し、地下室に行きました。リュシーを探します。 地下室に閉じ込められている別の女性(成人)には「後で助けを呼ぶから」と言ってリュシーを探します。 警備の男が奥にいたのでライフルで射殺しますが、背後からアンナは別の警備員にはがいじめにされました。その警備員を、部屋にいた監禁女性が手の鎖で首を絞めて、助けてくれます。 サムは外に逃がして再び戻り、アンナはリュシーを探し続けました。出会った男に発砲して倒しますが、アンナもメスを脇腹に刺されます。 リュシーは前の夜、金属板にうつぶせに拘束され、血を抜かれていました。さらに白いワンピースをハサミで切られ、背中の皮膚を剥がされました。 瀕死状態になったリュシーは、ストレッチャーで運ばれ、儀式会場ではりつけにされていました。あとはリュシーの死を待つのみで、会場にいるマント姿の組織の人たちは、固唾を呑んで待っています。 リュシーは死の境界線を越えたようで、白目がちで何かを見ています。 その会場へアンナが乗り込みました。アンナはライフル銃で脅し、リュシーをはりつけの十字架からおろせと命令します。 エレノアが現れ「リュシーが答えを出せば、この実験は終わる」と説得しますが、アンナはおろさせました。そして、リュシーの口元に耳を寄せると、何かを聞きます。そのまま、リュシーは死にました。 「何と言ったの?」とエレノアは聞きますがアンナは答えず、そばにいた神父が「私は聞きました」と言った直後にピストルを咥えて拳銃自殺しました。 教えてくれとせがむエレノアに、アンナは「見れば分か.

たとえばアンア. アメリカ、メリーランド州・アナポリス。 人里離れた倉庫で手錠をつけられて監禁された10歳の少女・リュシーは、手錠を外して脱出しました。白いワンピース姿のリュシーは、助けを呼びながら走ります。 リュシーは警察に保護され、警察は証言した場所の倉庫を捜索しますが、リュシーが見た白い布で覆われた部屋は存在せず、痕跡もありませんでした。 うやむやのうちに捜査は終わります。. 映画「マネー・トレイン」は、ウェズリー・スナイプス主演、ジョセフ・ルーベン監督の1995年の映画です。 この映画「マネー・トレイン」のネタバレ、あらすじや最後ラストの結末、見所について紹介します。.

「パターソン」はラボールシネマ&映画音楽祭にてイビスドール最優秀映画賞を受賞しています。 また、主演のアダム・ドライバーがロサンゼルス映画批評家協会賞とトロント映画批評家協会賞にて最優秀男優賞をダブルで受賞しています。 一般視聴者の評価はかなり高めで、「雰囲気が好き」、「おしゃれな映画」といった声が多いですね。 1. 映画 パターソン ネタバレ 末期がんでモルヒネも効果がなく、何度も死を宣告されたのだが、死ぬことを拒んだ。 全員が痛みにのたうちまわりながらも目には生気が灯っていました。そして死を迎える最期の瞬間に何かを見ているそうです。 エレノアたちの組織は「人間が死ぬ. .

『パターソン』は年の映画。『パターソン』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画. 【公開】 年(アメリカ・日本合作映画) 【原題】 Gehenna: Where Death Lives 【監督】 片桐裕司 【キャスト】 ダグ・ジョーンズ、ランス・ヘンリクセン、エバ・スワン、ジャスティン・ゴードン、サイモン・フィリップス 【作品概要】 サイパン島のリゾートホテル建設予定現場に訪れた男女が、日本軍の地下壕の中で体験する想像を絶する恐怖を描いたホラー映画です。 片桐裕司を中心に、ハリウッドのSFXに関わるスタッフが集結して製作された作品で、登場するモンスターの造形とその恐怖描写は期待通りに仕上がっています。 暗く閉ざされ、モンスターの潜む空間に閉じ込められるという、一見ありがちな設定と思われる物語には、想像を超える設定と驚くべきラストが待っていたのです。. パターソン|映画情報のぴあ映画生活 『パターソン』は年の映画。 『パターソン』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。. 映画『パターソン』は何気ない日常にしみじみしたよさを感じる名作だ。 主人公のパターソンは公営バスの運転手で、一見したらつまらなそうな物静かな男であるが、毎日詩を書き留めることが趣味にしている。. つまりエレノアたちの組織に繋がるようになっていました。 アンナが通報をしたおかげで、エレノアたちはパターソン家の異常に早く気づいたと、アンナに礼を言います。 映画 パターソン ネタバレ リュシーは幼少期にエレノアたちの団体に捕まっていました。実験に耐えて逃げ、時間を経たにもかかわらずパターソンに辿り着いたリュシーは「能力」があるとエレノアは言います。 モンスターについても、エレノアは説明しました。モンスターは「リュシーには見えるが、アンナには絶対に見えない」のです。 それは拷問を受ける過程で発生する段階〝亀裂〟と呼ばれるもので、リュシーが見ているのは、過去に死んだ犠牲者たちなのです。 普通の人. アメリカのどこにでもあるような地方都市に住むパターソン(アダム・ドライバー)は路線バスの運転手をして生計を立てている。 毎朝6時過ぎに目覚め、妻に目覚めのキスをし、ひとりシリアルの朝食を済ませ、仕事に出かけていく。 詩を書くのが趣味のパターソンにとって、バスの発車前のひとときが創作に没頭できる時間。 昼食は妻の作ったサンドイッチを滝を見ながらひとりで食べる。 空になったランチボックスと郵便物を片手に家に帰り、妻と夕食を共にした後は、愛犬を連れて夜の散歩へ。 その途中には行きつけのバーに立ち寄り、マスターや見知った客たちと一杯やるのが日課だった。 そんな平穏で代わり映えしない毎日のなかで、パターソンの心をゆさぶるある出来事が起こるのだが. 映画 パターソン ネタバレ 発砲音を聞きつけてアンナが戻ってきたので、モンスターは立ち去りました。リュシーは家族4人の死体を始末すると言います。ヤツらを完全に処分しないと解放されないそうです。 着替えをするリュシーの背中には、横線のナイフの傷痕がありました(自分では絶対につけられない場所)。アンナは行きがかり上、協力します。 2人で父と兄を庭にある穴まで運ぶと、夜になっていました。仮眠を取るリュシーの目を盗み、アンナは警察に電話しますが、何も言わずに切ります。 映画 パターソン ネタバレ パターソン家の母がまだ生きていました。アンナは「静かにして。助ける」と言うと、肩を貸して母を支えると外へ出ようとします。しかし起き出したリュシーが気づき、包丁で母の背中をめった刺しすると「私より彼らの命の方が大事か」とアンナに詰め寄りました。 アンナが自分を信じてくれていなかったと知ったリュシーは落胆します。リュシーが2階を探索すると、奥に幼少期に見た白い布で覆われた部屋がありました。 一家4人の家族写真を見ていたリュシーは、背後から髪の毛を掴まれ、家族写真の額に頭を撃ちつけられ、さらに割れたガラス片で太ももを繰り返し刺されます。 物音を聞いたアンナは駆け付けますが、アンナが見たのは自分で自分の太ももを刺すリュシーの姿でした。 (.